外国人旅行者の動き

日本を訪れる外国人の旅行者数は、日本の観光局によって推計されているようです。ここで言う外国人旅行者とは、出国や入国の管理をしているとする期間が、国籍ごとに集計している外国人の正規の入国者から、永住者等の外国人を除いて、そこに外国人の一時上陸客等を加えた、日本に入国している外国人旅行者のことと言われています。政府の機関や企業の駐在員、そしてその家族や留学生等の入国者、また、再入国者は入国外国人旅行者に含まれるようですが、航空機や、船の外国籍乗員が一時的に上陸したといった場合は合まれないようです。なお、各国の地域ごとに「外国人旅行者」というものの定義は異なってくるとされています。世界の観光機関は、1日の宿泊を伴う国際的な移動をした者を「外国人旅行者」としているようですが、 日本や韓国、台湾、ベトナムといった国は、1泊以上という制限を設けていないとされているようです。また、フランスやスペイン、中国、韓国といった国は、外国籍乗員の一時上陸といった場合でも「外国人旅行者」に含めているとされており、このことから、各国の地域が算出し、発表する「外国人旅行者数」を比較し、分析するといった際にはよく注意しなければならないのではないでしょうか。また、各国や地域の「外国人旅行者数」は、発表しなければならない時期というものが統一されていないとされており、統計を整備する作業の都合上、既発表の数値が訂正される場合もあると言われているようです。日本を訪れる「外国人旅行者」の誘致には、長い歴史があるようですが、訪日外国人旅行者数の分析数値には、ある起点があるようです。それは、外国人旅行者誘致を国策として本格的に展開する事業が開始された年からと言われているそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です