基本法の制定

政府による観光振興に向けての取組みは、観光立国推進の基本法に基づいて実施されているとされているようです。これは議員の発議によるもので成立したとされており、成立した翌年から施行されているようです。これは、全会一致という形で成立したとされており、つまりは当時の与党も野党もこぞって賛成したということが言えるのではないでしょうか。このため、衆議院議員選挙において、民主党が歴史的大勝利を収め、政権交代が起こったとされている後も、観光振興は政権交代の波を受けず、今まで通り、政策の重要分野として扱われているとされているようです。観光というのは、観光立国推進の基本法において初めて、 これからの日本の重要な政策のひとつとして位置づけられたとされているのではないでしょうか。第一章第一条には、この法律の目的が記されているとされ、観光立国の実現に関わる根本の理念を定めることや、国と、地方公共団体の責務等を明確にすること、また、実施する対策の礎となる事項を定めることなどが記されているとされています。法律は、この目的に沿って、全部で四章あり、第一章は総則、第二章は観光立国推進基本計画について、第三章は基本的施策について、第四章は国及び地方公共団体の協力等について定められているとされているようです。第二条の理念には「地域の主体的な取組み」「地域社会の持続可能な発展」「国内外からの観光旅行の促進」といったように、様々な事業活動を持つ観光産業が多様な雇用機会を提供することが重要であるとされていたようです。また、第二章では観光立国の推進に関する総合的な施策を実施するにあた理、計画を策定することとされていたようであり、この計画に記すべき項目として、観光立国の実現に関する施策についての基本的な方針、観光立国の実現に関する目標と、観光立国の実現に関して政府が総合的、また計画的に講ずべき施策などとされていたのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です